競技方法

ゴルフ上達教室

ゴルフ上達教室

全て知っておく必要はないかもしれませんが代表的なものは知っておきましょう。

競技方法の種類

基本的な知識
基本的なルール 競技方法の種類 ゴルフホールの構成 基準打数
スコアについて ホールによるスコア    

ゴルフにはいろいろな競技方法があります。
大会などで使用される方法や1対1で競うものなどどのような競技方法があるのか知っておきましょう。

最も代表的な競技の方法

ストロープレー・マッチプレー・サドンデスの3種類が代表的です。

ストロークプレー

18ホールの総打数で勝敗を決める方法です。
一般的な競技ルールであり大会などでもストロークプレーが主流です。

マッチプレー

1対1で1ホールごとに勝敗を決める競技方法です。
18ホール終了時に勝ったホール数の多いほうが勝者になります。
18ホール以前に勝敗が決定している場合は最後まで回りません。
(残り3ホールで3ホール差以上の場合など)

サドンデス

ストロークプレー・マッチプレーなどで勝敗がつかなかった場合の競技方法です。
ベストスコアを出した人のみ競技を続け最後まで競技を続けた人が勝利。
2人でのサドンデスの場合先に良いスコアを出した人の勝利になります。

2人1組での競技方法

2人1組でプレーする場合の代表的な競技方法です。

フォアサム

4人が2人ずつのペアに分かれ「1組1個のボールを交代に打つ」競技方法です。
マッチプレーの方法の1つです。
男女がペアで組むことをミックスド・フォアサムと言います。

フォアボール

4人が2人ずつのペアに分かれ「それぞれが自分のボールを打つ」競技方法です。
ペアのうち「良いほうのスコア」をその組のスコアとし勝敗を競います。

スリーサム

フォアサムの競技方法を2対1で行います。
実力差があるときなどの方法です。あまり一般的ではありません。

スリーボール

フォアボールの競技方法を2対1で行います。
実力差があるときなどの方法です。あまり一般的ではありません。

ゴルフ上達教室TOPへ

メニュー

基本の構え

基本的な知識

その他ルール

道具

ゴルフ情報

ゴルフ教材

インフォメーション

Copyright (C) 2010 - 2011 All Rights Reserved.