ウォーターハザード

ゴルフ上達教室

ゴルフ上達教室

ウォーターハザードについてです。

ウォーターハザードとは

その他知っておきたいルール
アンプレヤブル OBのルール ロストボールのルール カジュアルウォーター
ウォーターハザード      

ウォーターハザードとは、川や池など水に関係する場所のことです。
ウォーターハザードは、黄色い杭、もしくは黄色い線により示されています。
赤い杭、もしくは赤い線の場合はラテラルウォーターハザードになります。

ウォータハザードを示す杭があれば、
水のあるなしにかかわらず、ウォーターハザードとなります。

ウォーターハザード内での措置

ウォータハザードの区域に入ってしまった場合、
打つことが可能ならば、そのままプレーすることが出来ます。
ただし、クラブをソールすると2打罰となるので注意が必要です。

打つことが不可能な場合、困難な場合は以下のルールに則って、
球の位置を動かすことが出来ますが、1打罰が課せられます。
・球がウォーターハザードとの境界線を最後に横切ったポイントと、
 ホールを線で結び、 ホールから見てポイントより後方にドロップします。
 (その際、距離に制限はありません)
・最後に打った場所に出来るだけ近い場所ドロップして、打ち直します。

ラテラルウォーターハザードの場合は、上記に加えて更に
球がウォーターハザードとの境界線を最後に横切ったポイントと、
ホールまでの距離が等しい場所から、2クラブレングス以内の
ホールに近づかない場所に、ドロップすることが出来ます。

ゴルフ上達教室TOPへ

メニュー

基本の構え

基本的な知識

その他ルール

道具

ゴルフ情報

ゴルフ教材

インフォメーション

Copyright (C) 2010 - 2011 All Rights Reserved.